ショパン—200年の肖像展

今も世界中で愛され続ける、ポーランド出身の作曲家フリデリク・ショパン(1810-1849)は、日本人にとっても、その心を引きつけてやまない特別な音楽家です。
繊細な曲調やピアノ曲を多く作曲したことから、“ピアノの詩人”と呼ばれ、ピアノ音楽の新しい表現様式を拡大したことでも知られています。
日本とポーランドが国交樹立100周年を迎える両国にとって歴史的な年に開催されるこの展覧会では、多彩な美術作品や資料を通じ、ショパンの音楽と生涯を主軸に、生誕後約200年にわたるショパン像をご紹介します。
ポーランドの国立フリデリク・ショパン研究所が運営するフリデリク・ショパン博物館からの美術作品や資料を中心に、国内外から自筆の楽譜や手紙、油彩画、版画、ポスター、彫刻、書籍など約250点を展示します。

CHOPIN Portlayed in 200 Years of Images
《フレデリク・ショパンの肖像》ゴッドフリート・エンゲルマン

《フリデリク・ショパンの肖像》 ゴットフリート・エンゲルマン
(ピエール=ロシュ・ヴィニュロンの原画による) 1833年
国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵
photo:The Fryderyk Chopin Institute

開催概要

OUTLINE

展覧会名称

ショパン–200年の肖像

開催期間

2019/10/12(土)〜11/24(日)
月曜休館

  • 10月14日(月・祝)と11月4日(月・振休)は開館
  • 10月15日(火)と11月5日(火)は休館

開館時間

10時〜17時(入場は16時半まで) ※初日のみ11時開場

会場

兵庫県立美術館 ギャラリー棟 3F(兵庫県立美術館サイトへ
〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1

アクセス

阪神 岩屋駅から南に徒歩約8分
JR神戸線 灘駅南口から南に徒歩約10分
阪急神戸線 王子公園駅西口から南西に徒歩約20分

お問い合わせ

ハローダイヤル 050-5542-8600
(8/5〜11/30 全日8:00〜22:00)

巡回会場

・福岡会場
会期:2020年2月1日(土)~3月22日(日)
会場:久留米市美術館
住所:福岡県久留米市野中町1015

・東京会場
開催予定日:2020年4月~6月
場所:練馬区立美術館
住所:東京都練馬区貫井1丁目36-16

・静岡会場
開催予定日:2020年8月~9月
場所:静岡市美術館
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17−1 葵タワー3F

《フリデリク・ショパンの肖像》 マリア・ヴォジンスカ 1838年
国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵
photo:The Fryderyk Chopin Institute

章解説

SECTIONS

第1楽章 わたしたちのショパン

実際の「人間、ショパン」のイメージは複雑で多面的であり、彼やその楽曲からインスピレーションを得た美術作品は、実に様々なショパン像を私たちに伝えています。この章では、ポーランドのフリデリク・ショパン*博物館から出展の現代作品で、200年にわたり造形化されたショパン像をご紹介します。また、日本でショパンの作品がどのように知られ愛されていったのかを、明治期に輸入された楽譜や、日本で出版されたショパンにまつわる書物、日本最初の「ショパン弾き」澤田柳吉に関する資料などを通じて展観します。

*本展では、ショパンの洗礼名をアルファベットではポーランド語のまま「Fryderyk」とし、カナ表記では原語の発音により近い「フリデリク」を用います。

《王立ワジェンキ公園のフリデリク・ショパン記念像胸部》 エウゲニウシュ・ジャルコフスキ鋳造 ヴァツワフ・シマノフスキ原作(1926年頃) 1968年 ブロンズ photo:The Fryderyk Chopin Institute

《王立ワジェンキ公園のフリデリク・ショパン記念像胸部》 エウゲニウシュ・ジャルコフスキ鋳造
ヴァツワフ・シマノフスキ原作(1926年頃) 1968年 ブロンズ
photo:The Fryderyk Chopin Institute

第2楽章 ショパンを育んだ都市ワルシャワ

1810年にポーランドに誕生、ピアノ教師ヴォイチェフ・ジヌヴィにピアノを習い始めたショパンは、わずか7歳で「ポロネーズ」を作曲するなど早くからその才能を開花させていました。 約20年間をポーランドで過ごしたショパンの類まれなる才能は家族や友人、ワルシャワ音楽院の教師たちに温かく見守られ、育まれました。 本章では歴史的・文化的背景や近代都市ワルシャワの解説とともに、ショパンが育ったポーランドの風景、彼を取り巻く人々の肖像画などを中心にワルシャワでのショパンの音楽活動や生活をご紹介します。

《ヴェジブノからのポーランド軍部隊の帰還》 マルチン・ザレスキ 1831年 油彩 カンヴァス 国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵 © Ligier Piotr / Muzeum Narodowe w Warszawie

《ヴェジブノからのポーランド軍部隊の帰還》 マルチン・ザレスキ 1831年 油彩 カンヴァス
国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵
© Ligier Piotr / Muzeum Narodowe w Warszawie

ショパンがワルシャワを去ってほぼ1か月後のワルシャワの風景。ポーランド王国の事実上の総督であったロシア皇帝の弟、コンスタンティン大公を捨てて帰還したポーランド軍部隊を、ワルシャワ市民が熱烈に歓迎している様子が描かれている。 その後約半年間蜂起は続くが、ショパンは異国でその状況に一喜一憂することになる。

第3楽章 華開くパリのショパン

青年ショパンは病弱ながらもパリで華やかな生活を過ごします。ピアニストそして作曲家としての成功だけでなく、彼のパリでの人生については女流作家ジョルジュ・サンドとの悲恋を語らずには終われません。ショパンの音楽活動や人的交流の紹介に加え、ショパンが人生の幕引きをした都市パリの時代背景から、サロンやオペラ座の様子、ロマン主義の絵画などショパンの生きたパリを俯瞰します。 本章ではショパンの肖像画の中でも特に有名な作品のひとつであるアリ・シェフェール作「フリデリク・ショパンの肖像」が日本初公開となります。パリで活躍した画家シェフェールの住居のアトリエには芸術家たちが集い、ショパンやリストらが演奏会を開いていました。友人に向けたショパンの温かな眼差しが印象的な作品です。

《フリデリク・ショパンの肖像》アリ・シェフェール 1847年 油彩、カンヴァス ドルトレヒト美術館蔵 Dordrechts Museum

《フリデリク・ショパンの肖像》
アリ・シェフェール 1847年 油彩、カンヴァス ドルトレヒト美術館蔵
Dordrechts Museum

《アリ・シェフェール邸(パリ、シャプタル通り16番)の小さなアトリエ》アリ・ヨハネス・ランメ 1850年 油彩 カンヴァス ドルトレヒト美術館蔵 Dordrechts Museum

《アリ・シェフェール邸(パリ、シャプタル通り16番)の小さなアトリエ》
アリ・ヨハネス・ランメ 1850年 油彩 カンヴァス ドルトレヒト美術館蔵
Dordrechts Museum

第4楽章 真実のショパン ― 楽譜、手紙 ―

厳重に保管され、所蔵するフリデリク・ショパン博物館でも公開が限られているポーランドの至宝、ショパン自筆の楽譜。日本にいながらにして、本展で間近に鑑賞できる稀有な機会となります。自筆の手紙やショパンが病床で人を呼ぶために日常的に使用していたベルなども展示します。ショパンは手紙以外の文章を書き残していないことから、その人柄を知る手立てとして、手紙はとても重要な役割を担っています。本章で紹介するショパンの日本初公開を含む自筆の楽譜や手紙は、彼の心の内や日々の生活を照らしています。異国の地の私たちにとってもショパンを理解し、感じさせてくれる命ある遺物といえます。

《「エチュード へ長調 作品10の8」自筆譜(製版用)》フリデリク・ショパン 1833年以前 インク 紙 国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵 photo:The Fryderyk Chopin Institute

《「エチュード へ長調 作品10の8」自筆譜(製版用)》
フリデリク・ショパン 1833年以前 インク 紙
国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵
photo:The Fryderyk Chopin Institute

《自筆の手紙-パリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エディンバラ、1848年10月3日)》フリデリク・ショパン 1848年 インク 紙 国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵 photo:The Fryderyk Chopin Institute

《自筆の手紙-パリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エディンバラ、1848年10月3日)》
フリデリク・ショパン 1848年 インク 紙
国立フリデリク・ショパン研究所附属フリデリク・ショパン博物館蔵
photo:The Fryderyk Chopin Institute

第5楽章 ショパン国際ピアノコンクール

ショパン国際ピアノコンクールは、ロシアのチャイコフスキー国際コンクールと並び、世界最高峰の音楽コンクールとされています。第3回(1937年)には日本人二人が初参加し、原智恵子氏が名誉ディプロマを得ました。 以降多くの日本人ピアニストが腕を競っています。このコンクールを告知するポスターは、毎回ポーランドを代表するグラフィックデザイナーが手掛け、ポーランドのデザイン力を世界に知らしめています。 それらのポスターから、コンクールの歴史と卓越したポーランドのグラフィックを展観します。さらに2018年9月、国立フリデリク・ショパン研究所が開催した第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールもご紹介します。

TICKET
チケット

前売

販売期間:~10月11日(金)
一般:1,200円、大高生:600円小中生:400円

当日

一般:1,400円、大高生:800円小中生:600円

団体(20名以上)

一般:1,200円、大高生:600円、小中生:400円

プレイガイド

チケットぴあ

Pコード:769-837

ローソンチケット

Lコード:53594

セブンチケット

セブンコード:077-070

その他

イープラスCNプレイガイド阪神プレイガイドほか京阪神のプレイガイド

EVENT

関連イベント

PDF

松方ホールコンサート情報

PDF

GOODS グッズ

coming soon

《自筆の手紙–パリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エジンバラ、1848年10月3日)》
フレデリク・ショパン 1848年 インク 紙
国立フレデリク・ショパン研究所附属フレデリク・ショパン博物館蔵
photo: The Fryderyk Chopin Institute